新・牧の台緑の少年団

makinodai.exblog.jp
ブログトップ

2017年10月 定例活動案内


 <10月定例活働案内>


 10月の定例活動は「黒川・里山まつり」に合わせて29日(日)に実施します。
 9月の活動時に10月の活動は、8日にツリークライミングをやろうと言ってましたが、都合により変更しました。申し訳ありません。
 「黒川・里山まつり」は、桜の森でピザやぜんざいを作ったりしてボランティアのお手伝いをしますが、午前中お手伝いをして、午後ツリークライミングをしようと考えています。
  
    日  時 : 10月29日(日) 10時~15時 雨天中止
    集合場所 : 平木谷公園 車に乗合せて桜の森へ行きます。
    服  装 : 黒系統は避けて長袖、長ズボン、帽子、スカーフ、首巻タオル、軍手
    持  物 : 水筒、敷物

 10月22日までに参加の可否の書き込みをお願いいたします。
 今回は団員のみの参加とします。
  
 なお、11月の活動は11日(土)に予定しています。
 中学生団員からの要望に応え、野間の大ケヤキへの探索をしようと思います。毎年5月に行ってますが、今年は雨で中止になったので紅葉時期の探索もいいかなと思ってます。
 案内は改めてブログに載せますが、10月の活動後すぐなので、簡単に連絡しました。


 今年の里山まつりの案内がまだ出ていないので、参考に去年の案内を下に張りました。

f0228958_18094539.jpg
f0228958_18094506.jpg

[PR]
# by makinodai | 2017-09-16 21:24 | Comments(0)

2017年 9月 定例活動報告


<9月定例活働案内>
 
 牧小の3年生と4年生は自分が植えたクヌギの下草刈りに桜の森に行きますが、5年生は学校の行事としては行きません。でも、未だ、下草刈りをしてやらないと周りの草に負けてしまいそうです。
 今回は5年生が植樹したクヌギの下草刈りをします。
 そのあとに、お待ちかねのバーベキューです。ピザ窯も使えます。ご家族お揃いで参加して下さい。  

  日   時:9月9日(土) 10時~14時30分
  集合場所:平木谷公園  
  会   費:500円/人
  スケジュール:
       移 動:10時:平木谷公園→10時30分:黒川・桜の森
       黒川・桜の森:牧小クヌギ植樹地 下草刈り(10時30分~11時20分)
       昼 食:11時30分~14時:バーベキュー
       服 装:長袖、長ズボン、帽子、スカーフ
       持 物:水筒、敷物、軍手、タオル、おにぎり(焼きおにぎりもできますよ)

 

<9月9日(土)活動報告> 
  10時00分~14時30分 
  参加者: 20名
  団  員:  8名 広沢姉、谷野、芦田、松本、友田、重廣、山田、大島
  兄  弟:  2名 広沢妹、大島弟
  保護者:  4名 広沢、谷野、山田、山岡、芦田
  指導員:  6名 岡田、大島、広沢、大門、川戸、芦田


 5年生が植えたクヌギの下草刈りをする予定でしたが、そこは菊炭友の会で草刈りしていただいたので、4年生の場所を草刈りしました。3年生の場所は9月の19日に3年生が下草刈りにくるそうです。

 草刈り後、少年団の恒例行事バーベキューです。

 まずは、草刈りを頑張ります。
f0228958_19180102.jpg
 大門さんから草刈りのやり方等について説明を聞きました。
 腰には剪定バサミをぶら下げ準備万端です。

f0228958_19290657.jpg
 菊炭友の会で広い場所は機械で刈って頂いているので、クヌギの周りを手で刈ります。
 クヌギをいじめるツルもありました。

f0228958_19361393.jpg
 みんながんばれ!

 おいしいお肉が待ってるぞ!
f0228958_19361399.jpg
 今日はちょっと暑かったので、子供たちも「暑い、暑い」を連呼してました。
 30分ほど草刈りして終了です。
 クヌギも周りの草やツルがなくなって喜んでるでしょう!

f0228958_19513264.jpg
 お母さん方は、バーベキューの準備をして頂いてました。
 決して、炎天下での草刈りがイヤだったわけではありません!

f0228958_20012584.jpg
 火遊び大好きな男の子は頑張って炭を熾してます。

f0228958_20012514.jpg
 女の子達(一人男の子も混じってますが)は、ピザ生地をこねてます。

f0228958_20055065.jpg
 みんな好きな具をのせていきます。
 ピーマンが人気無いな。

f0228958_20055085.jpg
 お父さん方、暑い中頑張って肉を焼いてます。
 贅沢に菊炭を使って焼いてます。

f0228958_20055088.jpg
 例年だと肉の焼き役をやりたがる子もいますが、今年の子供たちは食べるの専門か?

f0228958_20161792.jpg
f0228958_20161784.jpg
 今年もピザ窯が大活躍。
 おいしく焼けました。

f0228958_20220180.jpg
 ピザが焼けるのを待ってる間は、ピタゴラスイッチ?で遊んでます。

f0228958_20161859.jpg
 「ピザ焼けたで!」って言うと全員集合です。
 あれだけ肉食べて、よく食べれるなと感心です。
 写真撮り忘れましたが、最後に焼きおにぎりも食べました。

f0228958_20220131.jpg
 食べ終わると恒例の火遊びです。

f0228958_20220120.jpg
 最後に記念撮影。

 今日はよく食べました。

 たくさん食べて、たくさん動いて、大きくなれよ!



[PR]
# by makinodai | 2017-08-05 22:36 | Comments(0)

2017年 8月 定例活動報告


<8月活動案内>

2007年から続けている「セミの抜け殻調査」を実施します。
7月は、川の生物を調査することにより、水質を判定しました。同様に8月は、蝉も種類によって棲める環境が違うので抜け殻を調べることにより、その地域の環境が判断できます。大和の平木谷公園と里山がある黒川の2か所で過去9回、調査を続けてきました。今年で記念すべき10回目。
大和と黒川でどんな違いがあるのか、また過去の調査と比べてどんな環境の変化があるのか、蝉は私たちに何を知らせてくれるでしょうか。
    日   時:8月5日(土)10時~15時 小雨決行
          (第2土曜日が活動予定日ですが、お盆の連休と重なったため変更しました)
    集合場所:平木谷公園(交番側の角)
    持 ち 物:「セミの下敷き」(昨年までの参加者) 初めての人の分は用意します。
         蝉の抜け殻を入れる小箱(ポリ袋や虫カゴは抜け殻が傷むのでダメ。
         ティッシュの箱の上面を切り取って、首からぶら下げるようにひもを付けたようなものでもOK)
         捕虫網(有れば。手の届かない高い所のを採集するため)
         筆記用具、敷物、水筒、弁当、タオル、軍手、帽子、スカーフ
    服   装:長袖、長ズボン
         特に平木谷公園では、蚊がすごいので虫除けをぬって、首にタオルを巻いた方がいいかも。
    スケジュール:
          車で移動(10時:平木谷公園→10時30分:黒川公民館)
          黒川周辺・抜け殻採集・昼食(10時30分~11時40分)
          移動(11時40分→12時:平木谷公園)
          平木谷公園・抜け殻採集(12時00分~13時)
          蝉の分類・集計(13時~15時:大和第二自治会館2F集会室)           
          15時:第二自治会館で解散    



<8月5日(土)活動報告> 
  10時00分~14時30分 
  参加者: 10名
  団  員:  4名 芦田、友田、重廣、大島
  兄  弟:  1名 大島弟
  指導員:  5名 岡田、大島、大門、川戸、芦田


 今日は、少年団の伝統的行事の一つセミの抜け殻調査をしました。
 
 あいにく都合が悪い団員が多く、久々に少数の活動となりました。

 セミは3~17年(アブラゼミは6年)幼虫として土の中で生活し、地上に出てきて羽化し1ヶ月ほど生きるそうです。成虫期間は1~2週間ほどと言われますが、これは成虫の飼育が困難ですぐ死んでしまうことからきた俗説で実際は1ヶ月ほど生きるそうです。幼虫期間を含めると結構長生きの昆虫ですね。
 
 それではまず、休校中の黒川小学校から調査開始です。 
 
 まず、気付いたのが、朝に大和で聞いてきたセミの声と全く違うセミの声です。
 やはり、5kmほどしか離れていないのに、環境が違うと生息するセミも違うんですね。

f0228958_17124389.jpg

 
f0228958_17124457.jpg

 葉っぱの裏によくついてました。

f0228958_17124314.jpg

 子供たちも頑張って探しますが、上の方ばかり探すので、足元付近に残ってることがありました。下の方にいるのは何のセミかな?
f0228958_17124332.jpg

 高い木の葉っぱの先についてることもあります。揺れたりして安定しない葉っぱでよく羽化出来ますよね。
 セミの幼虫は、後進出来ないので後戻りできないため、葉で羽化してしまうとテレビで言ってたらしいです。
f0228958_17493016.jpg

 珍しいのを見つけました。
 羽化しようとして、途中で力尽きたようです。
 羽化するにはかなりの体力を使うので、木に登ってる最中に力尽きたり、外敵に襲われたりで、羽化する確率は80~90%らしいです。
 普段はうっとうしいセミですが、いろいろと調べると応援したくなりますね。

f0228958_17585522.jpg

 途中から日差しが強くなり、子供たちも「暑い」を連発で、ちょっと休憩。
 20分ほど散歩してお待ちかねの弁当タイムです。
f0228958_17585650.jpg

f0228958_17585618.jpg

 暑さのあまり保冷剤を頭にのせて食べてる子も。
 量が多いのか、暑さにやられたのか、途中でお腹いっぱいと言ってる子も。

 お腹いっぱいになれば、平木谷公園へ移動です。
f0228958_18075441.jpg
 やはり、黒川とはセミの声が違います。
 アブラゼミがいっぱい。男の子達は生きたセミの確保に必死です。1匹だと思って網をかぶせると近くから5匹ほど飛んでいきます。
 確保するのは抜け殻ですよ!

f0228958_20082562.jpg

 がんばって捕ってくださいね。
f0228958_20082669.jpg

f0228958_20082575.jpg

 ちょっと見にくいですが、葉の裏に3匹まとまっていました。
 平木谷公園は、うるさいだけあってたくさん捕れました。
f0228958_20082521.jpg

f0228958_20082514.jpg

 ちょっと話が変わりますが、住宅地の木々にも「ナラ枯れ」がありました。
 真ん中の茶色いのが今年で、奥の黒っぽいのが去年らしいです。
 「ナラ枯れ」とは、ナラ類やシイ・カシ類などの樹幹にカシノナガキクイムシが潜入し、ナラ菌を樹体に感染させ、菌が増殖することで、水の吸い上げる機能を阻害して枯死させる伝染病です。
 桜の森でもちらほら見られますが、対処がなかなか難しいそうです。

 
 子供たちも疲れてきたので、自治会館へ移動してセミの種類を調べます。

f0228958_20464068.jpg
 まずは分類方法の勉強です。
f0228958_20580970.jpg
 この表や他の資料を参考に分類します。

f0228958_20464018.jpg

 分類開始です。

 最初は、子供たちも頑張ってやってましたが、アブラゼミとミンミンゼミの分類が非常に難しい。触角の3本目の長さが長いか短いか、前足の角が垂直かどうか、非常に分かりにくい。
 子供たちは飽きてしまい、大人だけでルーペを見ながら激論です。
f0228958_20463966.jpg

f0228958_20464029.jpg

 激論の結果です。
 大和では、たくさんのクマゼミを見ましたが、抜け殻だけでみるとアブラゼミに比べ非常に少ない。なんでかなぁ?アブラゼミに混じってるかなぁ。

f0228958_21462125.jpg
 集計表を見てみると、過去のデータと大きな違いはなかった。
 クマゼミは、年々生息地が北上しているらしく、温暖化の影響ではないかと言われている。それを考えると、黒川と大和では気温がそれほど違うのか?
f0228958_20464065.jpg
 最後にハイポーズ。

 来月は、これまた恒例行事のバーベキュー!

 来月もよろしく!
  


[PR]
# by makinodai | 2017-07-09 08:16 | Comments(0)

2017年 7月 定例活動報告

<7月 活動案内>
 人気プログラムですが、2年連続、雨の為中止になりました。
 今年は出来ると良いですね。
 川の生き物はきれいな水が好きなもの、汚い水が好きなもの色々です。
 初谷川にどんな生き物が住んでいるかをを調べることにより、水質調査が出来ます。(主として、虫を調べます) 
 8年前から調査を続けていますが、初谷川は水質階級1級を維持しています。今年はどうかな?
 指導は釜本先生にお願いします。 

日時:7月8日(土)10時~14時
場所:笹部 初谷川
当日、および前日雨天の場合中止 
集合場所:笹部駅(駅前の橋を渡った所)
服装:半袖、半ズボン、帽子、スカーフ
持ち物:「猪名川水質調査ハンドブック」(ある人は持ってきてください。無い人には事前に配ります)、筆記具、水中で履く靴(ガラスのかけら等から足を守るためなので草履は駄目)長靴は水がはいります。 網 (ない人のため10本用意します)、着替え一式(濡れることを想定して)、タオル、バスタオル、ビニール袋、弁当、水筒、敷物、雨具。                                              



<7月8日(土)活動報告> 
  10時00分~14時00分 
  参加者:18名   
    団  員:9名 広沢姉妹、谷野、芦田、松本、重廣、友金、友田、山田
    兄  弟:1名 広沢
    保護者:3名 谷野、松本、広沢       
    指導員:5名 岡田、大島、大門、川戸、芦田

     
九州では大雨でえらいことになっており、天候が危ぶまれましたが、2日間雨が降らず今日も晴れたため、2年連続雨天中止になっていた初谷川の水質調査ができました。
この活動は、団員達にとって一番楽しみな活動じゃないかと思いますので、本当に出来て良かったです。全員参加だと思ってましたが、残念ながら大島クンが夏風邪でダウンしてしまい欠席となりました。

初谷川は、妙見山から始まり猪名川へ流れ込む支流です。
名前の由来は、昔はたくさんの事を八百と言ってたらしく、初谷川がたくさんの支流が流れ込む川なので、八谷川と言ってたのが、時が経つにつれ初谷川に変化したそうです。
釜本先生に教えていただきました。
f0228958_16134446.jpg
これが今年で5回目の調査を行う初谷川です。
マイナスイオン出まくり感のあるいい感じの川です。
3年ぶりなんで川の形というか感じが少し変わってたように思います。

f0228958_16244871.jpg
釜本先生から今日の活動の目的や内容、注意事項について説明を受けています。
川の中にいる主に虫の種類を調べることにより、水質がキレイかどうかを判定します。
最後に「水位がヒザより高くなる所には入ったらダメですよ」って注意されましたが、最後にはえらいことになりました。

f0228958_16503253.jpg
釜本先生に虫の採り方をレクチャー頂いています。
下流川に網をセットして石をのけ、足でぐりぐりとやると虫が網に入りますよ。

f0228958_16503366.jpg
みんな頑張りますが、なかなか思うように採れません。
先日の大雨で流されちゃったかな?
子供たちは、小さな虫より小さい魚とかサワガニを採る方が楽しそうでした。
f0228958_16503301.jpg
f0228958_16503311.jpg
股下ほどまで浸かって箱メガネを使って魚を追いかけている子もいます。
それ以上入ると危ないぞ!

f0228958_17100949.jpg
「疲れた。お腹すいた」という子も何人かいましたが、捕まえた虫達をそのまま置いといて昼にするわけにもいかないので、弁当前に採取したものを確認します。
さあ何がいるかな?
初谷川はキレイな川かな?

f0228958_17101638.jpg
みんな『猪名川水質ハンドブック』と見比べながら熱心に釜本先生の説明を聞いてます。

f0228958_17194561.jpg
すいません。ほんとは小さいケースにたくさん入ってたのですが、写真撮り忘れました。
小さいケースに入れてそれぞれ確認しました。
f0228958_17323945.jpg
 集計したものです。画像をクリックすれば2段階で拡大します。
水質階級1級となるヤマトビケラ、ヨコエビ、サワガニがたくさんいましたので、3年前と同様1級と確認しました。
ズーッとキレイな川を維持したいですね。

f0228958_17271486.jpg



お待ちかねの弁当タイムです。

f0228958_17271914.jpg
弁当食べて、みんな元気なると、昼からはただの水遊びです。
だんだん深いところに入っていきます。
f0228958_21074889.jpg
そのうち、3,2,1ジャンプ!
f0228958_21081797.jpg
次は二人そろって3,2,1ジャンプ!!

「水位がヒザより上にいったら危ない」って言ってたのに・・・

「昔はみんなこうやって遊んでたのに」って周りの大人もしぶしぶ黙認。

水質も1級やし・・・
f0228958_21253364.jpg
一遊びして、今度は化学的に水質を確認します。
今回初めてやりました。
パックテストいって、プラスチックのケースの中に薬品が入っており、そこに川の水を入れて混ぜると色が変化します。何色になるかで水質が分かるそう。
(結構高い試験道具らしい)
f0228958_21192435.jpg

f0228958_21192407.jpg
薄紫になりました。

f0228958_21192424.jpg
100まで分かれてて、今回は5ぐらいでした。
0~5までが1級らしいです。

生息物的にも化学的にも1級という結果になりました。

f0228958_21400315.jpg
最後に全員集合!

今日は楽しかったね!風邪引くなよ!

来月はセミの抜け殻調査やで。
                               
                                          

[PR]
# by makinodai | 2017-06-10 14:09 | Comments(0)

2017年 6月 定例活動報告


<6月 活動案内>
  6月の活動は牧小のクヌギ苗床の整理をします。
  5月16日(火)に3年生が南の苗床から64本のクヌギを黒川・桜の森へ持って行き、植樹しました。
  そして、4年生から1年生に引継がれる今年発芽したばかりのポリポットの苗、約70本があります。
  この苗を空いた南の苗床に埋めて、これからもクヌギの植樹を続けられるようにします。
   
  活動日時:6月10日(土) 10時~12時     
  集合場所:牧の台小学校 校庭の南のクヌギ苗床
  服   装:今回は半袖、半ズボンでも大丈夫。帽子(麦わら帽でも良い)、スカーフ
  持   物:水筒、タオル、軍手


<6月10日(土)活動報告> 
  10時00分~11時00分 
  参加者:14名
    団  員:6名 広沢姉妹、谷野、芦田、大島
           新入団員:重廣、友金、友田、山田(見学)
    兄  弟:2名 大島
    保護者:2名 谷野、友田       
    指導員:4名 岡田、大島、川戸、芦田

     
今日は、黒川・桜の森へ植樹するためのクヌギの苗の整理をしました。

私が団長になって初めて大門さんが都合が悪くなり不参加でちょっと不安でしたが、道具やクヌギの苗などの準備をしていただいており、川戸さんもおられたのでどうにか無事に終えることが出来ました。

昨年11月に植えたクヌギのドングリが5月に発芽したものを小学校の花壇に植え、植樹できる大きさになるまで、これから2年間1年生が世話をし3年生になったら環境体験学習で黒川・桜の森に植樹します。

ポリポットの苗を苗床に整理する作業を牧の台緑の少年団が担当してきました。

この作業は学校と少年団が一体となって、毎年の恒例行事になってます。

子供たちにもいい勉強になるでしょうね。


団員に質問してみました。

Q)なぜ2年間ここで育てるの?
A)今のままで里山に植えると、草に負けちゃうから

Q)なぜポリポットのまま植えるの?
A)根っこが広がって抜きにくくなるから

さすがです。団員は的確に答えてくれます。
ちょっと嬉しくなりました。

f0228958_14483038.jpg
新入団員のあいさつです。
左から、山田くん(今日は見学ですが次回から入団すると言ってくれました)、重廣くん、友田くん、友金ちゃんです。
友田くんと友金ちゃんは、お兄ちゃんお姉ちゃんがそれぞれ少年団のOBです。
友金ちゃんは、今日はアメリカから歩いてきてくれたそうです。(お笑い担当?)
仲間が増え楽しい少年団になりそうです。
4人とも3年生なので、一昨年少年団で整理したクヌギを先日黒川・桜の森に植樹してきてくれました。

f0228958_15261670.jpg
まず、植える前に雑草を抜き、土をほぐしました。

f0228958_15275532.jpg
とりあえず並べてみて、何個あるかみんなで数えています。
58個という意見が多かったかな。

f0228958_15324948.jpg
みんなで植えてます。

最後に水をいっぱいあげて終了です。
f0228958_15324941.jpg
最後に記念撮影。
「大門さんできたよ!」

1年生に引き継ぎます。
頑張って育ててくださいね!

f0228958_15324950.jpg
去年植えた花壇に草があったので、みんなで抜いて今回の活動は終了です。

来月は、2年連続中止になってる「初谷川の水質調査」です。
今年は晴れてくれるといいね!







    

[PR]
# by makinodai | 2017-05-18 13:28 | Comments(0)