人気ブログランキング |

新・牧の台緑の少年団

makinodai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:活動記録( 29 )

2019年8月定期活動

<8月活動案内>

2007年から続けている「セミの抜け殻調査」を実施します。
蝉も種類によって生きることができる環境が違うので、その抜け殻を調べることにより、地域の環境が判断できます。
大和の平木谷公園と里山がある黒川の2か所で過去11回調査を続けてきました。
大和と黒川でどんな違いがあるのか、また過去の調査と比べてどんな環境の変化があるのか、蝉は私たちに何を知らせてくれるでしょうか。
日  時:8月10日(土)10時~15時 小雨決行
集合場所:平木谷公園(交番側の角)10時
持 ち 物 :見つけた蝉の抜け殻を運ぶ小箱(ポリ袋や虫カゴは抜け殻が傷むのでダメ)
       ティッシュの箱の上面を切り取って、首からぶら下げるようにひもを付けたようなものが理想
     捕虫網(有れば。手の届かない高い所のを採集するため)
     筆記用具、敷物、水筒、弁当、タオル、軍手、帽子、スカーフ
服  装:長袖、長ズボン
     特に平木谷公園は、蚊がすごいので虫除けをぬって、首にタオルを巻いた方がいい。
活  動:車で移動(10時:平木谷公園→10時30分:黒川公民館)
     黒川周辺・抜け殻採集・昼食(10時30分~11時40分)
     移動(11時40分→12時:平木谷公園)
     平木谷公園・抜け殻採集(12時00分~13時)
     蝉の分類・集計(13時~15時:牧の台小学校会議室)           
     15時:牧の台小学校で解散

8月5日(月)までに、出欠と車を出せるかどうかについてコメントに記入してください。
移動があるので、保護者の方のご協力をお願いします。


<8月10日(土)活動報告> 
  10時00分~15時30分 
  参加者: 10名
  団 員: 5名 喜種、成田、森清、大島兄弟
  保護者: 2名 森清夫妻
  指導員: 3名 大門(牧小~)、川戸、大島、


 今日は、少年団の伝統的行事の一つセミの抜け殻調査をしました。
 
 朝からとても気温が高く、集合場所の平木谷公園で待っていても汗がどんどんでてきます。
 黒川公民館は少しは涼しいといいですが・・・
 感覚的としては、ほとんど大和と変わりません。
f0228958_20375747.jpg
 皆いろんなところを探します。
 遠くでセミの鳴き声は聞こえますが、思ったようにセミのぬけがらは見つかりません、
f0228958_20375758.jpg
 公民館の軒下には、アリ地獄があるーと教えてくれたりもします。
 (たくさんあるすり鉢状の穴がウスバカゲロウの幼虫の巣です)
f0228958_20375777.jpg
暑くて、乾燥していても、いろんな生き物が一生懸命生きています。
大きなカタツムリが木の葉の下に隠れていました。
f0228958_20375791.jpg
黒川公民館では、これだけセミの抜け殻を見つけました。
f0228958_20375812.jpg
 少し涼しい公民館の裏側でお昼にしました。
 11時40分には平木谷公園へ向かうはずが、30分ほど遅れてしまいました。
f0228958_20375729.jpg
12時半ごろから平木谷公園で探し始めました。
f0228958_20375871.jpg
ところが今日は公園の草刈りがあったようで、いつもならたくさん地面に落ちている抜け殻がありません。
f0228958_20375837.jpg
ところが今年はセミが多いんでしょうか。
下の写真の地面にある穴の数が多いこと。案の定、この横にあった木にはたくさんの抜け殻がついていました。
f0228958_20420502.jpg
こんな状態になっているものも。セミの抜け殻の上に、セミの抜け殻がついています。
f0228958_20375889.jpg
また、いつも見かける公園の木にも、鳥の巣があったりします。
f0228958_20420645.jpg
みんな一生懸命探して、少し陰で休憩かな??
f0228958_20375835.jpg
その後は、木に登って抜け殻をさがします。
f0228958_20420669.jpg
平木谷公園ではこんなにも見つかりました。
植木も刈り込んであり、地面もきれいになっているのにこれだけ集められるのは、頑張りのおかげですね
f0228958_20530279.jpg
暑かった公園からクーラーの効いた牧の台小学校へ移動して、
たくさん取ってきた抜け殻が、一体何というセミの抜け殻か、テキストをもとに分類して数えていきます。
幾つかのぽいんとがあります。 大きさ? ヘソがある? 爪の形?
f0228958_20530276.jpg
結果はこちらです。
去年よりも黒川の数は増えています、また、ニイニイゼミが20個あったのは過去一番。あと、クマゼミが今年も1個。
平木谷公園でも数は去年より増えています。アブラゼミは毎年たくさん。
f0228958_20420579.jpg

by makinodai | 2019-07-13 15:11 | 活動記録 | Comments(0)

2019年7月定期活動

<7月活動案内>
7月の活動は、能勢電鉄笹部駅の近くを流れる、初谷川の水質調査を行います。
川の生き物は、きれいな水を好むもの、汚れた水を好むものがあり、
どんな生き物が住んでいるかを調べることで、その川の水質調査ができます。 

2010年から調査を続けていますが、初谷川は水質階級1級を維持しています。













日  時:7月13日(土)10時~14時半
     ※当日が晴れていても、川の水量によって中止することも有ります。
      予備日を設けられるかもしれません。
←予備日は設けられませんでした。(6月27日ブログ更新)

集合場所:能勢電鉄 笹部駅前   
活動場所:笹部 初谷川(駅から歩いて5分程度) 
服  装:半袖、半ズボン、帽子、スカーフ、水中で履く靴
     ※不可 サンダル(ガラスのかけら等から足を守るため)
         長靴 (水が入るため)
持ち物 :弁当、水筒、敷物、雨具
     網 (ある人は持って来てください)       
     着替え一式(濡れることを想定して)、タオル、バスタオル、ビニール袋
                                      
今回は、川に入る活動なので、参加は3年生以上とさせていただきます。
参加可否は、7月6日(土)までに書き込みをお願いします。

〈7月活動記録〉
7月13日(土)10時から13時30分
団 員:松本、三輪、喜種、成田、森清
保護者:松本、三輪、喜種、森清 母
指導員:大門、川戸、大島


今回から新たに団員1人が増えて、しかももともと仲良しの子たちと合流して大はしゃぎです
集合時間ころから小雨がパラパラ降ってきました。
雨雲レーダーを見てみると午前中は降っても小雨ということで、
上流の雨の様子を気にしながら、水質調査のポイントに移動します。
今回が7回目の水質調査、結果はどう出るのでしょうか??
f0228958_14273639.jpg
調査のポイントに到着しました。水量も少なめで、安全に調査をするにはいい様子です。
一昨日にまとまった雨が降りましたが、まったく問題ありませんでした。
f0228958_14274680.jpg
さあ、調査に入る前に、講師の釜本先生と碇先生からのお約束。
ヒザより深いところには入らないということ。川から出るとなったらすぐに出ること。
ヒザより深いところで転倒してしまったりすると、立ち上がる時に川の水を飲んでしまって溺れてしまう可能性が高くなってしまいます。
川で遊ぶときは、十分に気を付けなければいけません。

それと今日捕まえるのは、カニや魚もいますが、虫が大切です。
水質を図る、指標となる生き物には虫がたくさんあります。
下流に網を置いて、上流を足でガサガサすると、逃げ出した生き物たちが網に入ってくれます。
f0228958_14275137.jpg
事前に聞いた通り、下流に網を置いて生き物を探します。
f0228958_14275604.jpg
f0228958_14275858.jpg
カワムツでしょうか。早速捕まえています。
f0228958_14280186.jpg
石の下にも、虫やカニが隠れています。
f0228958_14280339.jpg
釜本先生に聞きながら、熱心に生き物を探します。
f0228958_14280661.jpg
おっと、水の中の生き物を探すところが、きれいなトンボを捕まえてくれました。ミヤマカワトンボでしょうか。
f0228958_14280812.jpg
11:30頃には一通りの場所の生き物を捕まえて回りました。
さて、どんな生き物がバケツにいるのでしょうか??
同じ種類の生き物をトレーの中に仕分けしていきます。
f0228958_14281252.jpg
さあ、仕分けができたら、先生の解説を聞きながら、水質調査ハンドブックと見比べてみます。
f0228958_14282637.jpg
先生の詳しい解説を聞きながら、どんな生き物がいたかチェックをしています。
f0228958_14282221.jpg
カワムツたちは、とてもきれいだったのでちょっと大きめに紹介します。
f0228958_14295597.jpg
さて、今年の調査結果はどうでしょうか? 水質は「①」ということで、きれいな水でした。

始まる前に、釜本先生にお聞きした話だと、近年原因はわからないけど魚の種類と量が減っているそう。
おそらく、水鳥のカワウが食欲旺盛で、どんどん食べているか、外来の生き物に負けてしまっているのではとのこと。
ずっと、きれいな川のままで、いろんな生き物が初谷川で暮らしていってほしいと思います。
f0228958_14283333.jpg
調査がまとまった後はお昼ごはんです。
保護者の中には、へとへとになってしまった方もいて、今日は少し早めに解散します
f0228958_14295999.jpg
みなさん、お疲れ様でした!!!
f0228958_14300224.jpg

















by makinodai | 2019-06-08 21:19 | 活動記録 | Comments(0)

2019年6月定期活動

<6月 活動案内>

6月の活動は牧小のクヌギ苗床の整理をします。

里山体験学習で植樹するために育てている下の写真のような苗を、空いた苗床に植え替えて、

これからもクヌギの植樹を続けられるようにします。


活動日時:6月8日(土)10時~12時     

集合場所:牧の台小正門(学校の東側)に集合 10時

服  装:今回は半袖、半ズボンでも大丈夫。帽子、スカーフ、タオル

持  物:水筒、タオル、軍手

6月1日(土)までに、ブログに集合場所と参加者名を記入ください。

今回は団員以外も参加できます。

f0228958_21385319.jpg


<6月8日(土)活動報告> 
10時00分~12時00分 

参加者:8名
団 員:4名 三輪、喜種、成田、大島弟

指導員:4名 大門、川戸、樋田、大島
     
今日は牧の台小学校校庭で、クヌギの苗の整理をしました。

天気予報は曇りですが、不安定な雲行きです。

f0228958_20282689.jpg
昨年11月にポリポットに埋めたクヌギのドングリが5月に発芽したものを、小学校の苗床に植えかえる作業です。

これから2年間、今の1年生が世話をして植樹できる大きさまで育て、3年生になった時に環境体験学習で黒川・桜の森に植樹をします。

この苗の整理をする作業を牧の台緑の少年団が担当しています。


今日の作業は、正門横にある苗床にたくさんのクヌギを植えることです。


あいさつの後、大門さんからなぜポリポットのまま植えるのか?について説明がありました。

******

答えは、クヌギの根っこはまっすぐ地中に伸びていくもので、植樹をするときに抜けなくなってしまうで、ポリポットの中で根を張るようにするためです。

f0228958_20282671.jpg
さあ、作業開始です。

クヌギの苗は80個ほどあるでしょうか? 植えるスペースも限られています。

きれいに整列させて、うまく植える必要があります。

f0228958_20282425.jpg
作業を分担して、どんどん進めていきます。

力が必要な部分を指導員がお手本を見せながら進めて、団員も習いながら作業をします。

植えるクヌギの苗を掘った部分に並べていき、団員が土をかぶせていきます。

無駄のない流れ作業・・・。

f0228958_20282481.jpg
11時前にまとまった雨が降ってきたので、団員は少しだけ作業を中断しましたが、

11時過ぎには植え付けが終わり、最後にたっぷりとお水をやって作業完了です!!

f0228958_20282571.jpg
おや??

今日の作業は、クヌギの苗の植え付けだったはずが、苗床の横にお芋でも植えるような畑ができています。

「これをやろう!!」と自分が思ったことに対しての、頑張り方は素晴らしいものがあります。。

f0228958_20282593.jpg
緑の少年団では、森や生き物に親しむ活動を行っていて、

これから夏・秋・冬と、川や山でのプログラムを行っていきます。

もっとも大切な「安全」を守るためには、一定の約束事が必要になってきます。


活動を通じた、子ども同士や異世代での集団行動を体験することにより、

微力ではありますが、

協調性を含めた社会性を身に着けられるよう支援ができればと思っています。


by makinodai | 2019-05-18 19:04 | 活動記録 | Comments(0)

2019年5月 定期活動

<5月活動案内>
「黒川・桜の森とどうぶつたち」について体験したあと、新緑の里山を観察しながらハイキングします。

※今回は、川西市の広報紙で最大10組程度の参加者を募る予定をしています。
 ぜひ、お知り合いの方にもご参加をお勧めください。
 
 日  程: 5月18日(土)※雨天の場合中止

 集  合: 9時10分  畦野駅(9時19分発の電車に乗るので、時間厳守)
 行  程: 9時35分  妙見口駅着(ここで合流も可)
       9時47分  阪急バス乗車(妙見口から黒川まで)
       10時頃~  黒川バス停から徒歩で桜の森へ
       10時半~11時半
              「黒川・桜の森とどうぶつたち」
       <お弁当>
       12時頃   桜の森→三角点→野間の大ケヤキまでハイキング。
       13時43分 稲地からバス乗車→妙見口 
       15時頃   畦野駅解散
 持  物:  弁当、水筒、敷物、軍手、首巻タオル
 交 通 費 :  子ども約500円、大人約1000円(電車・バス)
 服  装:  長袖、長ズボン、スカーフ、帽子 

 5月12日までに参加者名と集合場所(畦野か妙見口)を書き込んで下さい。 

<活動報告>

参加者  6人
団員   3人 三輪、成田、喜種
保護者  1人 成田
指導員  2人 川戸、大島

新たに団員を2名迎えて始めての活動です。
ところが今回の参加は、ご都合がつかない団員が多く3人でした。

妙見口駅を降りたとき、パラパラと小雨が降ってきましたが、予報としても本降りにならないようなので特に心配せずに出発しました。
やはり、ハイキングにちょうどいい時季なので、バスはかなり混雑していました。
f0228958_17455373.jpg
黒川のバス停を降りて少し坂道を下ったところにあるため池には、きれいな鯉が泳いでいます。
なかなか姿を見せてくれないので、じーっと静かに待っていると時々現れます。
その後も、道すがら発見する虫や草木などを観察しながら進みます。
中でもお気に入りだったのは、紫色の花をつけている「アザミ」だったようです。
f0228958_17445690.jpg
黒川公民館までやってくると、あたりでは畑作業を行っていて、肥料の香りがやってきて子どもたちが「臭い!」と言う状況に。
「このおかげでおいしいお野菜を食べらるんですよ」と言おうかなと思いましたが、「野菜あんまり好きではない」と
反論されそうなので止めておきました・・・。
f0228958_17445798.jpg
新入団の二人。いろいろことに興味を持って、あっち行って観察、こっち行って観察。
ハイキングは、歩いて移動することが目的ではなく、歩いてこそ見られたり感じられるものを見つけに行くものかなと思っているので、
こういうところを大切にしていきたいと思います。
f0228958_17445754.jpg
道中、蛇の子どもと大人、原木シイタケのほだ木、細く背の高くなった杉、栗林、スズメバチトラップ・・・。
いろいろな発見をしながら進みました。
f0228958_17445718.jpg
予定通りの時間に桜の森に到着です。
天気は変わらずくもり空、風も強い状態が続いています
f0228958_17445863.jpg
みんなおなかが空いたようなので、さっそくお昼ご飯。
食べているサンドイッチは、「柿の木」というパン屋さんのパンで作っているとのことで、とても楽しみにしていました。
どんな具が挟んであるのかな??
そして、この笑顔!! おいしいって幸せですよね!!
f0228958_17445772.jpg
昼食の後は、いちおうプログラムにしていた里山のどうぶつについてお話をしました。
ここには夜になるとシカやイノシシがいて、特にシカは木の皮や若い芽もどんどん食べてしまいます。
せっかくの台場クヌギもこれでは成長できないので、ネットを張ったりして守っています。

さあ、野間の大ケヤキまで出発です!!
急な坂が続きますが、子どもたちを先頭に元気に登っていきます。
f0228958_17445852.jpg
すぐに三角点につきました!
これまで山道では危ないので走らないで~!と声掛けをしていたことが多かったですが、
今回はみんなしっかりと歩いてくれています。
f0228958_17445899.jpg
林の中ではあまり感じませんでしたが、見晴らしのいいところでは風がびゅんびゅん吹いていました。
お気に入りの帽子に首掛けゴムをつけてもらっていたようで、「飛ばされなくてよかったー!」
f0228958_17445827.jpg
時間通り、大ケヤキに到着です。
まだ、ミミズクはいないようでしたが、近くではイベントが催されており、結構な賑わいでした。
f0228958_17445945.jpg
子どもたちはこの木の太さを表すオブジェを、椅子代わりに使ったり・・・。
確かに、ちょうどいい高さと傾斜ですが・・・。
f0228958_17492159.jpg
いろいろと観察しながらやってきましたが、今日一番子どもたちが歓声を上げたのはおやつの時間でした。
川戸さんから大きな立派なチョコレートをいただき、団長がグミとじゃがりこを出すとあっという間に消えてなくなってしまいました。
その後、急激に子どもたちとの距離感が近づき、団長と子どもたち3人で鬼ごっこもしました。
(少年団では毎回少し時間があると、子どもたちの発案で鬼ごっこが始まる風習があります)
「また、お菓子持ってきてね!!」とリクエストがあり、団の運営にはきっとお菓子が必要なんだなと改めて思いました。
f0228958_17492522.jpg
何とかお天気も持ちこたえてくれて、雨に当たることもほどんどありませんでした。
途中、道の真ん中の溝の鉄板がずれていて、溝にはまってこけてしまったり、
鬼ごっこで逃げる時に、溝にはまってこけて、少しズボンがぬれてしまったこともありましたが、ケガなく過ごすことができました。
今日は人数が少ないのがどうかな、というところもありましたが、初めて参加する子たちとよく触れ合えたという面ではよかったと思います。
これからも一緒に楽しい活動にしていきましょうね。











by makinodai | 2019-04-29 18:47 | 活動記録 | Comments(0)

2019年4月定期活動

<4月活働案内>
年次総会とお花見

日時:4月6日(土)
 9時30分:平木谷公園集合、車に乗合せて公民館へ
 9時45分:黒川公民館でもOK
 10時~11時 総会
場所:黒川公民館(駐車は運動場に)
   総会終了次第、桜の森へ移動 お花見
14時頃解散
持物:弁当、水筒、敷物、タオル
服装:ハイキングスタイル、スカーフ、軍手 

総会は、出来るだけ多くの保護者の参加を期待します。
新年度会費 子ども一人あたり500円(傷害保険代)
※保護者の方も、どきどきご参加されるなら、保険への加入をおすすめします。

4月2日までに、参加者名、集合場所を書き込んで下さい。
ぜひ、きょうだいやお友達など、
少年団の新しい仲間の参加をお待ちしています

<4月活動報告>
参加者 11人
団員   2人 松本、三輪
OG    2人 谷野兄妹
保護者  3人 廣澤、三輪、松本
指導員  4人 大門、川戸、樋田、大島

4月に入ってからも、厚手の上着が必要な日もあったりしましたが、本日はかなり暖かくいいお天気になりました。
いよいよ2019年度が、いつもお世話になっている黒川公民館から始まります。
f0228958_16352860.jpg
10時前に参加者が全員そろいましたので、総会を始めます。
私が団長になって初めての総会。教壇から見た景色は、こんな感じ。
子どもの数が少なく、大人ばかりの総会になりました。
昨年度の活動報告、決算。今年度の活動予定、予算について承認をいただきました。
課題としては、団員数が減少しているので、PRをすること。
団員が楽しみながら、自然に親しむための工夫を話し合いました。
先輩からいいアドバイスをもらいましたので、生かしていきたいと思います!!
f0228958_16351618.jpg
毎年同じ場所での記念撮影です。
これまで育成会会長として参加いただいていた谷野さん
3年間会計として、また保護者として積極的に参加いただいていた廣澤さん
今回で、その役職からご卒業となりました。
これまで大変ありがとうございました、また是非ご家族そろって遊びに来てください!!
f0228958_16350343.jpg
総会の後は、桜の森に移動してお花見です。
今日は好天のもと、桜の森はたくさんのお客さんを迎えています。
国道にも車がたくさん止まり、どんどん桜の名所として有名になっていっている感じがします。
f0228958_16345269.jpg
森の教室でお昼を食べた後は、群雲桜を見に行きました。
エドヒガンをはじめ、ヤマザクラ、ウワミズサクラ・・・。
桜の森にある桜の名前全部はわかりませんが、いろいろな種類の桜があり、開花の時期も種類や場所によって異なります。
※下の写真は、子どもたちが写るために、お母さんお二人はしゃがんでいただいています。
 上り坂がしんどくて、腰を曲げているわけではありません。
f0228958_16342810.jpg
では、いろいろな桜の様子をご覧ください。
微笑み桜、半分くらいの咲き具合でしょうか。
f0228958_16335490.jpg
桜の森の前の橋あたりから、長老方面です。
個人的にはここから見える風景が、今日一番きれいだと思いました。
f0228958_16310789.jpg
国道から桜の森です。
久しぶりに、ここまで開花した桜がたくさんある風景を見たような気がします。
f0228958_16270713.jpg
森の様子は、去年と今年では変わっていきます。
団員も学年が一つ上がり、大きく成長をしていきます。
意識をしてみると、どんどんいろいろなものの見え方が変わってくると思います。
新しい発見がたくさんあると思いますので、今年度も、みんなで楽しい緑の少年団を作っていきましょう。



by makinodai | 2019-03-10 16:54 | 活動記録 | Comments(0)

2019年3月定期活動

<3月定期活動>
ツリークライミングとヒサカキ伐採で木工細工

日        程:3月9日(土)
集合時間:9時30分に平木谷公園集合
    9時45分に桜の森駐車場でもOK
解散時間:桜の森で15時頃
服  装:長袖、長ズボン、帽子、スカーフ、首巻タオル、軍手
持  物:筆記具、弁当、水筒、敷物
活動内容:ツリークライミングと木工

木工は、コマややじろべえなどを作ってみたいと思います。
ボンド、竹串、つまようじ、お箸、サンドペーパーを用意しようかと思ってます。
上にのせるものとか使えそうなもの持ってきてね
(無ければいいですよ)
去年は、杉の木の輪切りがあったので、こんな作品が揃いました。
3月1日までに、木工で作ってみたいものと、集合場所、参加者を書き込んでください。(週末に準備します)


<3月活動報告>
参加者  10人
団員     3人 三輪、浅井、友金
OG     2人 谷先姉妹
保護者  1人 廣澤
指導員  4人 大門、川戸、樋田、大島

朝は少し冷え込んでいましたが、お日様が登るにつれてどんどん暖かくなってきました。
今回の参加者数も団員は4年生女子3人でしたが、とても久しぶりにOG二人が参加してくれました。

f0228958_12223948.jpg
まずは、ツリークライミングの準備です。
万が一のために、しっかりとヘルメットを被ります。顎ひももちょうどよくなるように調節して。
f0228958_12223195.jpg
まずは、中3OGから。
少し教えると、ずいぶん前にやった登り方の動作も思い出して要領よく登ります。
もう春からは高校生。進路は一足の早く決まったそう。
中学3年はあっという間だったとのことで、部活に勉強にがんばって充実した日を過ごしたんだなと感慨深いものがあります。
将来は先生になりたいとのこと。
これからも時間を見つけたら、桜の森に遊びに来てくださいね!
f0228958_12222756.jpg
順番待ちの間、団員たちは鬼ごっこを始めます。
おや?大人も一緒に走っています。
f0228958_12221480.jpg
みんなの番がやってきました。
どの写真も天気がいいことも有り逆光になってしまい、せっかくの笑顔があまり見えなくなってしまいました。
f0228958_12222351.jpg
f0228958_12220721.jpg
ツリークライミングも、何回目かになってくると慣れてきてすいすいと登ります。
上からの景色を楽しむ間もなく、ブランコやって!!ということで、降りてきます。
確かに、それが楽しいですね。
f0228958_12220165.jpg
微笑み桜のあたりでは、新しく購入した「モンキーブリッジ」用のロープ張りをの準備をしています。
イメージは、このロープの端から端までの間には、谷があり、わたるのに失敗して落ちてしまうと奈落の底。
f0228958_12221841.jpg
ロープを張ったところでは、ピンと張ることができますが、いざわたり始めるとロープが伸びてしまって。足が地面についてしまいます。
また次回、この教訓を生かして、新たな活動メニューとして、定着するようがんばります。
f0228958_12214660.jpg
さて、みんな木工に移りました。
中2OGは、朝からの陸上部の練習後に参加です。走り幅とびの選手とのこと。
来年は受験やーと言っていましたが、きっとその木工の集中力があれば、いろいろなことをすぐに身に着けられると思います。
f0228958_12215221.jpg
さすが!!
みんなのこぎりの使い方がどんどん上手になってきています。
f0228958_12213904.jpg
お友達のお誕生日のプレゼント、やじろべえ、写真立て・・・。
思い思いに創作しています。
女の子たちは、クッキングもそうですが木工細工のように、何かを作るのが大好きなのかもしれません。
f0228958_12213011.jpg
集中して、2時間は作っていたんではないでしょうか。
かわいい作品たちが、完成です!!
f0228958_12172407.jpg
参加できた子どもの数は少なかったですが、ここでも新しい出会いや経験ができたのではないかと思います。
また、4月から学年が上がり、出会いと別れがあることになりますが、
来年度も、よろしくお願いします。 
f0228958_12120562.jpg


by makinodai | 2019-03-10 13:51 | 活動記録 | Comments(0)

2019年2月定期活動

<2月活動案内>
  2月は、菊炭友の会の活動に参加させて頂き、炭焼体験をします。
  炭の原木(クヌギ)を伐り出す現場にも出かけたり、
  できたての炭を出したり、炭になるクヌギなどの木を窯に入れたり。
  大きな炭焼窯の中にも入ります。
  ここでしか食べられない「特別おいしい焼きいも」が食べられるかも!? 
 
  日  時:2月10日(日)8時00分~15時
       雨の時は炭焼窯体験だけで、クヌギ伐り出し現場には行かず、昼食後、解散します。
  集合場所:平木谷公園 8時00分 黒川・桜の森へ向かいます。
       桜の森駐車場8時15分集合でもOK。
  持ち物 :弁当、お椀、水筒、敷物、マスク、軍手、タオル、スカーフ、帽子、雨具
  服 装 :汚れても良い長袖、長ズボン、防寒着
      (上着は化繊より木綿がベスト。窯の中に入ると真っ黒になります)

※2月4日(月)までに出欠と集合場所について書き込んでください。
 なお、桜の森への行き来もありますので、保護者の方の参加もよろしくお願いします。    

<2月活動報告>
参加者  6人
団員   3人 三輪、浅井、友金
保護者  0人
指導員  3人 大門、川戸、大島
今回は、炭焼き体験です。
この季節らしい寒さのなか、待ち合わせの平木谷公園に、ヤマガラがいました。
スズメの仲間で、可愛らしい姿を見せてくれました。
f0228958_18301096.jpg
今回は、仲良し女子3人組が参加者です。
インフルエンザが流行ってたりして、今回はとても少なくなりましたが、
この子達は勢いがものすごく有って、元気いっぱいです。
f0228958_18300672.jpg
到着した8時半には、既に菊炭友の会の皆さんは
焼き上がった炭を窯から出す作業をしています。
今日は、お邪魔しますが、よろしくお願いします。
f0228958_18295908.jpg
焼き上がった炭を、袋に積める作業のお手伝いをしました。
どんどん出されて来るので、みんなの手が同じようにせっせと動かないと、スムーズにいきません。
少しだけ手を止めて、ハイ、スーミ。
f0228958_18294932.jpg
炭だし作業の後は、少し小屋で休憩です。
女子だけあって、顔に付いた炭の粉が気になるようで、ティッシュで拭いたり、鼻をかんだり。
どうやら、シール集めが流行っているそうで、交換したり、買いに行ったりと、楽しそうです。
団長が子どもだったときも、女子たちは同じようにシール集めをしていたような。
f0228958_18294564.jpg
ちょっと休憩の後は、木入れの作業が始まってます。
人手が要るからと声をかけてもらい、団員はゆっくり出動しました。
受け持った作業は、上げ木作り。
釜の中に炭になる立木と、隙間を埋める上げ木をしっかりと詰め込むことで、いい炭になるそう。
地味に見える作業が、最後のできばえに影響します。ギュッと枝を縛ります。
f0228958_18292766.jpg
とても簡単にでしたが、炭焼きの仕組みを伝えたら、意外と去年聞いたことも覚えています。
煙のでる穴を、観察したり。
f0228958_18293311.jpg
火を焚き始めたら、どんな様子か、焚き口を眺めたり。
f0228958_18292299.jpg
この後、お芋のヘタを切り取って、新聞紙でくるんで、水に浸して、ホイルで巻いて。焼き芋の準備をしました。
実は朝9時過ぎから、お昼はいつー?、いつも11時に食べてるねん!、とずっとお弁当を食べたかったようです。
いらいろな作業をしたあとに、小屋のなかでお弁当をたべました。
(ここの写真はみんなとしゃべり過ぎて取り忘れちゃいました)

お昼の後は、上げ木作りです。
桜の森の近くにあるみんなが赤ちゃんの時に切った台場くぬぎを、菊炭に焼くときがついに来ました。
f0228958_18291149.jpg
みんな意外とノコギリで木を切るのは好きな様子。
物差しで同じ長さに切ります。
f0228958_18290726.jpg
そして、頃合いの太さが集まったら、紐でしっかりと束ねます。
f0228958_18290201.jpg
今日のみんなの成果、5束位作りました!
数はなかなかすぐにはできませんが、
一つ一つの出来映えはなかなかのものだと思います。
f0228958_18284877.jpg
作業を終えた、1時過ぎ。
ついに来ました、焼きいもタイム!!
素晴らしい焼き上がりです。
f0228958_18284453.jpg
みんなも一本ずついただきました。
菊炭友の会の皆さん、ごちそうさまでした!!
f0228958_18284035.jpg
芋を食べたら、運動します。
鬼ごっこをやるよ!!団長もやるよ!!
という事で、四人でやることになりました。
f0228958_18281440.jpg
去年の台風対策で石を掘り出した跡地でしょうか。
大きな穴ボコのところを範囲として、鬼ごっこです。
今の鬼ごっこは、色んなルールがあるそうです。
でん返し(鬼にタッチされた後にタッチし返すことができる!)
タイム(タイムと言えばタッチされない時間になる)
f0228958_18200057.jpg
鬼ごっこの間は、ぎゃーっという声が里山に響きます。
なぜか子どもたちは、団長の両腕を捕まえ、
鬼にタッチされるよう差し出されたりします。
f0228958_18194954.jpg
今日は子どもが三人、指導員も少数の活動でした。
炭焼きは、菊炭友の会の皆さんの大切な時です。
大きな木の運搬など、力作業はなかなかできませんが、
皆で一つの目標に向かって、それぞれできる役割を探す。
毎回、楽しさのなかに、何かを持って帰ってもらえたらなぁと考えています。
これからも、保護者の皆さんのご協力があって、成り立つものだと思います。
それぞれの方ができることを分け会えれば、皆で楽しい場になると考えていますので、今後ともよろしくお願いします。

by makinodai | 2019-01-13 18:55 | 活動記録 | Comments(0)

2019年1月 定期活動

<1月活動案内>
恒例の餅つきをします。
つきたてのおもちと温かい豚汁で満たされましょう!
日時: 1月12日(土)
集合: 平木谷公園 11時
黒川公民館11時半 (現地集合の場合)
解散:15時
持物:水筒、タオル、ふきん、お椀、お皿、お箸、エプロン
お昼ごはんは、おもちと豚汁です
服装:暖かい服装(焚き火の匂いが付きます)、スカーフ
会費:一人300円
保護者、子どもの友人・知人どなたでも参加してください。
(少年団に興味のある方にもお声かけください!!

※1月9日(水)までに、参加者と集合場所を書き込んでください。

<1月活動報告>
参加者  20人
団員    7人 廣澤姉妹、松本、三輪、浅井、友金、大島
兄弟姉妹 3人 友金姉、広沢妹、大島弟
保護者   5人 廣澤母、松本、三輪父母、友金
指導員   5人 畑中、廣澤父、大門、川戸、大島
今日は曇り空でしたが、風も無く、外でのお餅つきにはちょうどよいお天気でした。
毎年、黒川にお住まいの畑中さんにご協力をいただき、前日には餅米の下ごしらえ、当日は朝早くから道具を運んだり、米を蒸したりとたくさんのご準備をしていただいています。本当にありがとうございました。
団員が集合した11時半には、この通り。
それと、今日は友金さんのお姉さんも参加してくれました。6年ぶりとのことです。また、来てくださいね!
さて、団員たちは、お餅つきと豚汁作りに別れて作業に入ります。
お餅はもう少しお米を蒸せば突き初められそうです。
f0228958_18152819.jpg
こちらは、豚汁の具材の準備です。
みんな、お家でもお手伝いしてるんだろうなぁ。包丁の扱いもしっかりしています。
f0228958_18151750.jpg
いよいよはじまりました、お餅つき!!
みんなの様子を掲載します。はじめに三姉妹。
f0228958_18144410.jpg

f0228958_18145542.jpg

f0228958_18143453.jpg
男子たちも力強くついてくれます。
f0228958_18141093.jpg

f0228958_18142471.jpg
豚汁作りが一段落して、みんなで突いてくれました。
f0228958_18123740.jpg

f0228958_18122232.jpg

f0228958_18121578.jpg

お餅つきは、はじめにある程度お米の形がなくなるまでこうして、杵でグリグリつぶします。団長もやらせてもらいましたが、コツを掴むのはなかなか難しい。
廣澤さん、さすがです。
f0228958_18395971.jpg
こちらも、お母さんたちが手際よく進めてくださり、全く心配ありません。
f0228958_18403776.jpg
お餅ができあがりました。
大根おろし、あんこ、きなこ、砂糖醤油、どれを食べても、もちろんおいしい。
子どもたちの一番人気は、砂糖醤油に海苔巻きだそう。
丸めても、どんどん食べていって、皆いくつ食べたかわからない~。
f0228958_18005678.jpg
そして、豚汁もおいしい!
お餅をいれて、お雑煮風にしてみたり。
団長は、大きなお椀にいっぱい入れて、2杯いただきました。
f0228958_18415110.jpg
今日は三回お餅をついて、お持ち帰り用のお餅もたくさん。
丸める作業も三回目になれば大きさ形ともこなれてきます。
f0228958_17590621.jpg
お腹いっぱいになったあと、鬼ごっこをはじめようとしています。
f0228958_17584041.jpg
一緒に遊ぶ子どもは、中学生から幼稚園。
みんなが楽しいのは、どんな遊びか考えて、けいどろになりました。
警察と泥棒のチームに分かれて、公民館のまわりをぐるぐる走り廻ります。
f0228958_17582936.jpg
今回は、保護者のかたの参加もあって、おいしくて、楽しい、とても和やかな時間が過ごせました。
f0228958_17581308.jpg
次回は、炭焼き体験です、お楽しみに!


by makinodai | 2019-01-13 17:47 | 活動記録 | Comments(0)

2018年12月定期活動

 <12月活働案内>
毎年恒例の ミニ門松 を作ります。
 日 時:12月28日(金) 13時~15時30分
 場 所:「牧の台小学校 工作室」 玄関の右、西入口から入って下さい。
 持 物:上履き、紙切りバサミ、スカーフ、軍手、タオル

 竹を切ったりしますので、できるだけ保護者の参加をお願い致します。
 今回は、団員と保護者に限定します。
 材料の段取り等ありますので23日までに書き込みお願い致します。

 <12月28日(金)活動報告>
 準 備  11時~12時
 活 動  13時~15時30分
 参加者  17人
 団 員   9人 広沢姉妹、松本、友金、友田、三輪、浅井、乾、樋口
 兄 弟   1人 広沢妹
 保護者   4人 広沢、三輪、乾、樋口
 指導員   3人 川戸、友田、大門

 1年の活動が終わりました。皆さんにとって、今年はどんな年でしたか? 私のような老人になると、月日が過ぎるのがとても速く感じます。そして、今年は特別色んなことがありました。
 歳神様を迎える門松造りは、少年団を結成した初めの年から続けています。見本に造ったのを自宅の飾りにしました。初めのうちはおもちゃのように感じましたが、13年も続けていると、お正月には無くてはならぬ物になってしまいました。
ところが、今年は都合で門松なしの寂しい正月かと思っていましたが、作り方を覚えてもらう為に作ってもらった片方に、帰り際に誰かの造りかけたのが一つ残っており、合わせて一対の門松に仕上げました。13年継続した伝統が守れました。

f0228958_20052508.jpg

 














個人的なことから書いてしまい失礼しました。皆さんの作品と、今年の最後に揃った笑顔です。

f0228958_20185575.jpg














作業全景です。
f0228958_20210327.jpg

















おやっ!  校長先生が見学に来ておられる。
f0228958_20221416.jpg















竹を斜めに切るのは、なかなか難しく、協力し合っています。
f0228958_20233745.jpg




















歳神様を守る御幣を作っています。
f0228958_20255166.jpg




















真剣な表情です。

f0228958_20270609.jpg






















竹のバランスを調整しています。

f0228958_20284449.jpg





















大人でないと難しい縄巻です。行列が出来ます。

f0228958_20304221.jpg


















都合で私が出来ないので、陽くんのお父さんにピンチヒッターをお願いしました。

f0228958_20321879.jpg




















縄巻が出来ると飾り付けです。
f0228958_20341968.jpg




















生け花感覚なのでお母さんはお得意!?
f0228958_20351859.jpg
























終了間際になって来ると、余裕が出来るのでしょう、超ミニ門松を造る人がでてきます。
f0228958_20381710.jpg






















団員の家の前に飾ってあるのを見つけると、つい、微笑んでしまいます。おうちの人とどんなことを話しながら飾ったのかなと考えます。
OB・OGの中には、何年もの間、作り、飾っていた人がいたけれど、どうしたかな? おじいちゃんのうちへ持って行くんだと二つ作った人もいたけれど。
 門松造りや、餅つきには参加してくれると、みんなも喜ぶと思うよ。

 あと3日で年が変わります。来年も元気に自然の中で活動しましょう。そして良い年にしようね。




※次回予告!!
1月の活動は、恒例のお餅つきです!
日時 1月12日(土)11時半~15時
場所 黒川公民館 会費 一人あたり300円
ぜひ、ご家族やお友達にもお声かけしていただき、楽しいお餅つきにしましょう!

by makinodai | 2018-11-10 15:00 | 活動記録 | Comments(0)

2018年11月定期活動

<11月定例活働案内>
11月の定例活動は「黒川・里山まつり」に合わせて11月4日(日)に実施します。
「黒川・里山まつり」は、桜の森で作ったピザやぜんざいをお客さんに運んだりのお手伝いや、ツリークライミングをします。
木の上から見る、秋の里山の風景はとってもきれいなので、お天気になってほしいですね。
  
日  時 : 11月4日(日)
      9時半  平木谷公園集合
      10時~ 里山まつりお手伝いとツリークライミング
      15時  解散
服  装 : 黒系統は避けて長袖、長ズボン、帽子、スカーフ、首巻タオル、軍手
持  物 : 水筒、敷物、弁当(ピザなど頂けるので、軽めでいいかも)

※ 10月29日(月)までにブログに参加者名をお書きください。
  送迎が必要なほか、ツリークライミングは大人も楽しめますので、ぜひ保護者の方もご参加ください。

<11月活動報告>
参加者 9人
団員  4人  友金、三輪、浅井、大島
保護者 1人 三輪
指導員 4人 川戸、樋田、岡田、大島

空の様子も完全に秋になってきています、紅葉とはいかないまでも、木々はどんどん色づいてきています。日中の気温は20度前後でとてもすごしやすく、夜になると上着が必要な時期になってきました。
まさに運動と食欲の秋!!
今日は、毎年恒例の黒川里山まつりでのピザやぜんざいのお店のお手伝いと、ツリークライミングです。
どちらも満たれそうな予感がします。
また、今日の子どもの参加人数は4人と少なくなってしまいましたが、良いように考えると、たくさんしたいことができる日とも言えます。
f0228958_21232573.jpg
10時過ぎに桜の森に到着すると、すでに里山まつりの準備はどんどん進んでいました。
こちらは、来場者にプレゼントする菊炭。 結構いいものが並んでいます。
 
f0228958_22234203.jpg
ピザ釜にも、しっかりと火が入っています。
事前に窯をあたたためておいて、いつでもピサが焼けるよう準備に余念がありません。
f0228958_21340675.jpg
4人の少年団。
女子3人にはピザの準備を、一人にはツリークライミングの準備を手伝ってもらいました。

トッピングのキノコやピーマン、ウインナーなどの下ごしらえを。
f0228958_21383163.jpg
木に登るための専用のロープを、太い枝にしっかりと掛けます。
団長の作業のサポートをお願いしました。
f0228958_21390062.jpg
そして、団長が軽く試した後は、ツリークライミングの準備のお手伝いをしてもらった人から、さっそく上ってもらいました。
半年ぶりくらいにやったと思いますが、からだは覚えているようで、すいすい上ります。
f0228958_21400469.jpg
その後の3人は、わたしが!!と誰も譲らないので、ジャンケンで順番を決めました。
 
勝利者。 
後でブランコもする!!と言って張り切って登ります。
f0228958_21402201.jpg
 2位。
 どうやったっけ? と言いながら登り始めますが、
 すぐに思い出して、怖い思うところまで上ります。
f0228958_21405108.jpg
3位。
 この頃にはもうおなかが空いてきていました。さっきお手伝いをしたピザなどのお昼ごはんの準備は完了間近です。
f0228958_21410807.jpg
 それでもどんどん登って行って、下の写真の木の下にはさっきまでいた3人の子どもはお昼ご飯に誘われてもういません。
 3位でよかったね。もし、ジャンケンに勝っていたら木の下で早く交代や!!となっていたでしょう。
 さて、どこにいるのかわかりますか?
f0228958_21462093.jpg
 正解は、ココ。
 正直言って、今回のロープを掛けた位置はこれまでで最も高く、普段は今座っている枝にロープを掛けていました。 まさか、楽しく怖がらずにここまでスルスルと余裕で登るとは、驚きです。
 20メートルくらいの高さまで登っているのではないでしょうか。
 さすがに30分くらいは登っていたので、付き添っていた団長は腹ペコです。
f0228958_21465168.jpg
 そして、それぞれお昼ご飯の準備です。
 羽釜で炊いた能勢のお米をゲットして、この表情。
f0228958_22350250.jpg
 今日の献立は、
 ・朝に採れたての卵と羽釜で炊いたお米で、最高の卵かけごはん。
 ・同じ卵を使った、だし巻き卵。
 ・宮崎県女川町からいただいたサンマの炭火焼。
 ・たくさんのおいしいきゅうりやなすの浅漬け。
 ・スモークされたチーズや卵、サラミがトッピングされた、もちもち生地のピザ。
思い出して書いているだけで、またおなかが空いてきました。
菊炭友の会の皆さん、ごちそうさまでした!!
みんなちゃんと伝えましたか??
f0228958_22460045.jpg
 ある程度腹ごしらえができたところで、お客さんに提供するピザがなくなってきていたのと、お客さんが増えてきたので、お手伝いもします。
 売上金はいくらあるかのチェック。お釣りの勘定も、ちゃんとしています。
f0228958_22505826.jpg
 追加で作るピザ生地をこねています。
 こねる感触が気持ちいいようです。
f0228958_22551090.jpg
 続いて、みんなでトッピングをします。
f0228958_23013223.jpg
 そして、かなり気に入ったようで、トッピング用のスモークされたサラミやゆで卵をどんどんつまみ食いします。
f0228958_23022491.jpg
続いて、同じくトッピング用のウインナーを割りばしにさして、炭火焼にしています。
f0228958_23103592.jpg
こちらは珍しい薪割り器。
一般的には、刃物を薪に振り下ろしますが、薪を刃物にハンマーで叩きつけて割る、
逆転の発想で、危険性がかなり減ります。

f0228958_23135372.jpg
 食事やお手伝いの後は、それぞれもう1回ずつツリークライミングをやって。
f0228958_23162602.jpg
 子どもたちは待っている間、思い思いに自由に野山を駆け巡っています。
 ときどき、キャーーーと叫び声が聞こえたり、ピョンピョン飛び跳ねたり・・・。
f0228958_23203379.jpg
「シカの角みたいやろーー。」
「ほんまや、シカや!!」(心からそう思いました)
f0228958_23205650.jpg
 こうして、秋といえばの運動と食欲を満たす活動は、終わりの時間が近づいてきました。
 このほかにも、お客さんに出す予定のぜんざいを手に入れるために、友の会の方を説得?したり、
とたくさんのコミュニケーションを行っていました。

 団員の参加は少人数でしたが、今日みたいに子どもが子どもらしく、大人と触れ合いながら、子ども同士でじゃれあいながら思い思いの行動をさせてもらえる時間というのは結構貴重なものかもしれません。
 学校とは違う、近所の住宅街やショッピングモールとも全然違う、子どもたちの表情があったような気がします。

by makinodai | 2018-11-06 00:00 | 活動記録 | Comments(0)