新・牧の台緑の少年団

makinodai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:団   則( 1 )

牧の台緑の少年団 団則


団旗  
f0228958_13475472.jpg
 
牧の台緑の少年団々則
(名称)
第1条この団は、牧の台緑の少年団(以下「少年団」)と称します。
(目的)
第2条少年団は、森に親しみ、緑を守り育てる自主的な活動をつうじて、心豊かな人間性を培います。また活動をつうじて、健全な心身を養い、地域の人々とのつながりを大切にしていくことを目的とします。
・緑の森に関心を高めましょう。
・緑の中で心身を鍛えましょう。
・集団生活をとおして協調性を高めましょう。
・奉仕精神を育みましょう。
(組織)
第3条少年団の団員は、前条の目的に賛同する小学生・中学生であって、団員にふさわしい者及び第5条に定める役員とします。
(活動)
第4条少年団は第2条の目的を達成すために、次の活動を行います。
・森に親しみ、森の恵を知る自然学習。
・森を守り育てるための実践活動。
・自然の中で団体によるレクリェーション活動。
・その他目的の達成に必要な事項。
(役員)
第5条少年団の総会で次の役員を選出します。任期は1年間とします。
        (役員)団長 1名、副団長 2名、指導者 若干名。
(役員の任務) 
第6条団長は団をまとめ、団を代表します。副団長は団長を補佐します。
(事務局)
第7条この団の事務局は川西市役所 市民生活部 地域活性室 商工農林労政課 に置きます。
(会議)
第8条会議は、総会および役員会といます。
・総会は年1回4月に開催します。ただし、必要に応じて臨時に開催することが出来ます。
・役員会は必要に応じて、開催します。
第9条少年団の経費は、会費・補助金・寄付金をもってあてます。会費は活動実費として、別途定めます。
(簿冊)
第10条少年団の簿冊は次のとおりとします。
(1)少年団則
(2)団員・役員名簿
(3)少年団運営計画及び活動報告
(4)会計帳簿・備品台帳
(5)その他必要な簿冊
(服装・装備)
第11条団員は活動時には少年団が別に定める服装・装備を着用します。

附則 この団則は平成17年 6月 1日から施行します。


牧の台緑の少年団育成会規約
(名称)
第1条 この会は牧の台緑の少年団育成会と称します。
(目的)
第2条 この会は、牧の台緑の少年団(以下「少年団」という)の指導援助と、その適切な育成運営に資することを目的とします。
(事務局)
第3条 この会の事務局は、川西市役所 市民生活部 地域活性室 商工農林労政課 に置きます。
(組織)
第4条 この会は、目的に賛同する成人及び団体をもって組織します。
(事業)
第5条 この会は、目的を達成するために、次の事業を行います。
(1) 少年団の結成及び育成指導
(2) 少年団の活動に必要な条件の整備
(3) 少年団の指導者の養成・委託
(4) 関係方面との連絡調整
(5) その他目的達成に必要なこと
(役員)
第6条 この会に次の役員を置く。任期は1年とし、再任を妨げない。
     (役員)会長 1名・副会長 2名・理事 3名・監事 2名。
(役員の任務) 
第7条 会長は会務を総括し、会を代表します。
副会長は会長を補佐します。
理事は理事会を組織し、総会の議決に従い会務を処理します。
監事は会計の監査を実施します。
(会議)
第8条 会議は、総会および役員会とします。
(1) 会は年1回4月に開催します。ただし、必要に応じて臨時に開催することが出来ます。
(2) 理事会は、必要に応じて開催します。
(総会)
第9条 総会は会長が招集し、次の事項を審議します。
(1) 規約の制定並びに改訂
(2) 役員の選出
(3) 事業計画に関すること
(4) 予算及び決算
(5) その他必要な事項
(事業年度)
第10条  事業年度は4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わります。
(経費)
第11条  この会の経費は、会費・補助金・寄付金をもって当てます。
     会費は別途定めます。

附則 この会則は平成17年 6月 1日から施行します。
[PR]
by makinodai | 2010-03-21 20:28 | 団   則 | Comments(0)