新・牧の台緑の少年団

makinodai.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年活動記録

7月定例活動の案内
 7月の活動は、皆さんが長く待望していた「川」へ行くことにしました。
山下にお住まいの釜本邦博先生にご指導をお願いします。
私たちに一番身近な川は猪名川ですね。昔の写真を見ると水泳場があって水も綺麗だったようです。
今では周りが都市化され水質が悪くなっています。
水中の生物は綺麗な水でなければ棲めないもの、汚い水を好むものなど色々です。
その場所に、どんな生物がいるか調べることによって、その川の水質を判断できます。
今回行く笹部の初谷川は妙見山の源流から一庫大路次川へ合流し、猪名川へと流れて行きます。
笹部付近の初谷川の水質はどうか調べてみましょう。
「猪名川水質調査ハンドブック」を事前に配ります。良く研究しておいてください。
どうかな?知っている生物はどれだけいますか?
そして、私たちの生活でどんな注意をすれば、水がきれいになるかも考えてみましょう。

f0228958_12454321.jpg日時:7月10日(土)10時~15時
    当日及び前日、雨の場合中止。
場所:笹部 初谷川 
    (笹部駅より上流へ、徒歩10分の所)

←集合場所:笹部駅(駅前の橋を渡った所)

活動内容:水量の少ない川で生物を網で捕獲、
ハンドブックで何かを調べます。



服 装:半袖、半ズボン、帽子
持ち物:「猪名川水質調査ハンドブック」(当日までに良く研究しておいてください)
    ルーペ、筆記具
    水中で履く靴(ガラスのかけら等から足を守るためなので草履は駄目)
    長靴は水がはいります。
    網、10本用意します。       
釣りは出来ません。
    着替え一式(濡れることを想定して)、タオル、バスタオル、ビニール袋
    弁当、水筒、敷物、雨具。
生物は元に返してやろうね。
参加連絡:参加不参加は 7月4日までにブログに書き込んで下さい。
参加の方は網持参の有無も書いて下さい。

<7月9日(金)>10日参加者の保護者の皆さんへの携帯メール連絡
18時11分
 講師と川を見に行って来ました。今日の雨で水が増え、危険な個所が出来ています。
皆の顔を思い浮かべると、中止するに忍びないので、いつも以上に先生の言うことに
素早く答えるという約束で、決行します。水温が低いので着替えを必ず持参するように。

<7月10日(土)>笹部:初谷川  川の生物調査
10時~14時30分
 牧の台緑の少年団として初めて川での活動となりました。これまでは野山ばかり。リーダーに知識がない分野の企画は立てられません。“組織はリーダーの器より大きくなることはない”という言葉はその立場にいる人間にとって厳しい言葉です。でも、良き指導者を見つけてくれば良いわけで、見つかりました。

 今日の参加者:藤田、名城兄妹、山下、新井美香、臼井兄弟、志水、新田、金附、小林、谷野、芦田(13名)
 団員以外の参加者:新田弟、谷野妹、芦田弟妹
 保護者:藤田、小林、谷野2、芦田
 指導者:釜本邦博先生(身近な自然とまちを考える会)、川戸、竹岡、大門           
f0228958_19582251.jpg
朝、釜本先生の挨拶です。
f0228958_2054731.jpg
f0228958_2032651.jpg
 網を川下で受けて、川底の石を起こして行くと・・
f0228958_204191.jpg
 川の中で土下座してるの・・?
f0228958_2065196.jpg
  水中めがねを付けて獲物を狙っているのでした。     この子も・・これ、誰の弟?f0228958_2071269.jpgf0228958_2072894.jpg













f0228958_2084058.jpg先生のやり方は・・
川の中には顔を入れてはいません。

川底の石を手にとって・・・、何かくっついていないか・・・しっかり調べています。

水温は15℃  晴れてはいるけれど、木陰で暑さは全く感じません。

約1時間、しっかりと生物採取が出来ました。

一番の大漁は沢ガニ。

昼食です。最近、保護者の参加が多くなり、雰囲気がとても良い感じになって来ました。私たちも大助かりです。
f0228958_20271914.jpg

 午後は採取した生物の同定です。
f0228958_2048081.jpg
  未知への子どもたちの関心の強さには、タジタジとさへさせられます。
f0228958_20495884.jpg
     モンカゲロウの仲間                       カワヨシノボリの卵f0228958_20511485.jpgf0228958_205255.jpg













f0228958_20571317.jpgf0228958_2057287.jpg












  採取量の多さでは沢ガニが抜群、どのバケツにも入っています。f0228958_20575322.jpgf0228958_2058231.jpg












帰りにもう少し川下で水の流れが緩やかな所では、また、違った生物が採れる話を聞きました。
f0228958_2194884.jpg
f0228958_21102443.jpgさすが、先生!採取する姿形が決まっています。












生物による水質調査結果

調査場所               初谷川 中流 川幅全域
年月日                 平成22年7月10日
時刻                  午前10時30分~11時30分
天気                  晴
水温(℃)               15℃
川幅(m)               3m~5m
生物を採取した場所        全域
生物採取場所の水深(cm)    10cm~80cm
流れの速さ              やや早い
川底の状態              砂地 小石 頭大の石
川のにごり、におい、その他    にごりなし、無臭
魚、水草、鳥、その他の生物    カワムツ ドンコ カワヨシノボリ

判定結果  水質階級Ⅰ級  しかし、多くはないがⅡ級の指標生物も見つかった。
  判定の根拠(指標生物が多いので採取出来たもののみ記録)
水質階級  指標生物       見つかった指標生物〇  そのうち数の多いもの*
  Ⅰ級   カワゲラ             〇             
        ウズムシ             〇             *
        サワガニ             〇             *

  Ⅱ級   コガタシマトビケラ       〇
        コオニヤンマ          〇
        カワニナ             〇

水質Ⅰ級:綺麗な水   水質Ⅱ級:少し汚い水   水質Ⅲ級:汚い水   水質Ⅳ級:大変汚い水
[PR]
by makinodai | 2010-07-10 21:14 | 活動記録 | Comments(0)