新・牧の台緑の少年団

makinodai.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2018年 2月 定例活動報告


 
<2月活働案内>
  2月は、菊炭友の会の活動に参加させて頂き、炭焼体験をします。
  炭の原木(クヌギ)を伐り出す現場にも出かけます。炭焼窯の中にも入ります。
 
  日  時:2月11日(日)8時00分~15時
       雨の時は炭焼窯体験だけで、クヌギ伐り出し現場には行かず、昼食後、解散します。
  集合場所:平木谷公園 8時00分 黒川・桜の森へ向かいます。
       桜の森駐車場8時15分集合でもOK。
  持  物:マスク、軍手、タオル、弁当、お椀、水筒、敷物、スカーフ、帽子
  服  装:汚れても良い長袖、長ズボン(上着は化繊より木綿がベスト)防寒衣、雨具
       窯の中に入ると真っ黒になります。


 <2月11日(日)> 活動報告
  8時15分~14時45分 
  参加者: 12名
  団 員:  5名 芦田、友金、友田、山田、大島
  友 達:  1名 ののちゃん
  保護者:  2名 山田、谷野
  指導員:  4名 大門、川戸、大島、芦田


 前日しっかりと雨が降ったので、山道滑るかなと心配していましたが、それほどでもなく天気予報では晴れだったので、今日は大丈夫そうやなと思ってましたが、炭焼きの途中からあられは降るわ、雪は降るわで荒れた天気でした。そのため炭の原木(クヌギ)の伐り出しはやめました。
 3連休の中日だったこともあり、久々に団員が少なかったです。来月は待ってるよ!

 今日は、菊炭友の会で行われる炭焼きを見学並びにお手伝い?をさせて頂きました。
 
f0228958_17135011.jpg
 8時15分頃桜の森に到着しましたが、菊炭友の会のみなさんはすでに準備万端で我々待ちの状況でした。
 初めに大門さんから、今日は炭焼き体験ということで炭焼窯のそばでの活動になり危ないこともあるので、おじさんたちの話はきちんと聞くようにと注意を受け、ヘルメットかぶって早速窯へ行きました。

f0228958_17135092.jpg
 今から炭出しを行う窯の口です。
 土でふさがれてます。
 
f0228958_17434072.jpg
 土をのけるとレンガが積まれてます。
 次に炭焼きするときに積み易いように番号をふってからレンガを外していきます。
 さあ、中はどうなってるかな?

f0228958_17434199.jpg
 こうなってました。

f0228958_17434185.jpg
 中に人が入って、どんどん箱に入れて外へ出します。
 それを子供たちがバケツリレーのように手渡しで運びます。
 子供たち服を黒くして頑張ってましたよ。
 服が汚れるって言う女の子もいましたが、ブログに汚れるよって書いてたよ!ちゃんと見てよ(笑) 

f0228958_17434041.jpg
 最後に入れ物にあけます。
 これを選別して袋に詰めていきます。
 今回の炭は、クヌギの菊炭ではなくコナラという木を薪割りしたもので、妙見山などのバーベキューで使われる炭になるそうです。
 今の時期に7回炭焼きを行い、最初の4回はコナラで窯を慣らし、最後の3回で菊炭を作るそうです。
 今日は3回目らしいです。
 1週間ほどかけて炭になるらしいですが、経験則が大きいでしょうから難しいんでしょうね。

f0228958_17434016.jpg
 窯の中をきれいに片づけて、中にみんなで入らせてもらいました。
 中は暖かく結構広かったです。
 残念ながら、窯の中の写真は私のスマホではきれいに撮れませんでした。

f0228958_18110357.jpg
 炭出しが終わればすぐに次の炭焼きを行います。
 炭にする木(立木)を窯に入れるのを手伝ってます。
 結構重たいのもあり、子供たちにはちょっとしんどい作業でした。が、「お腹空いた、弁当まだ?」「まだ10時やで」というやりとりを幾度となく行いながらも子供たち頑張りました。
 
f0228958_18110492.jpg
 窯の中に詰め終わればすぐに火を付けます。
 夕方まで燃やすそうです。
 これだけ勢いよく燃えてるのに、中の木は燃えずに炭になるって不思議ですよね。
 
f0228958_18110462.jpg
 お昼の弁当まで時間が空いたので薪割りを体験しました。
 私も小学生の頃まではお風呂を薪で沸かしてましたので、手伝いで薪割りをさせられてました。当然こんな機械ないから斧ですよ。なかなか便利な機械ですね。
 しかし、10分ほどやったら機械の調子が悪くなり終了です。

f0228958_18110377.jpg
 それから、大門さんがパワーポイントで作成された炭焼きのしくみについて説明していただきました。70歳超えて自分でパワーポイントで資料作って説明されるってすごいですね。

f0228958_08113688.jpg
 炭焼きに関するこんな分かり易い資料も作成されてました。

 ちょっと上で書いた窯の中で火を燃やしてなぜ中の木が燃えずに炭になるかについて、窯の構造により窯に入る空気の量を調整することで、窯の中の酸素の量を減らすと木が燃えずに炭になるそうです。
 
 説明のあと弁当タイムになりましたが、写真撮り忘れました。すみません。

f0228958_21383902.jpg
 弁当の後は、デザートの焼き芋の準備です。
 まず、サツマイモの両端を切り落とします。

f0228958_21383965.jpg
 次に濡らした新聞紙で巻きます。

f0228958_21384084.jpg
 最後にアルミホイルで巻いて完成です。
 これを炭のように赤くいこった木を積めたドラム缶で30分ほど焼くと完成です。

f0228958_09035754.jpg
 30分時間ができたので、桜の森の昔と今について説明していただきました。
 人が入ってない森はそのままで生きていけるけど、人に手を加えられた森は人が面倒見ないと荒れ果ててしまうんですよ。
 話がちょっと難しかったけど、子供たち分かったかな?

f0228958_09035745.jpg
 さあお待ちかねの焼き芋です。
 かなり大きいサツマイモをご用意いただきました。弁当の後だったこともあり、子供たち食べれるかなと心配しましたが、ペロリ。大人の方が半分でよかったかなという感じでした。
 「ドンキホーテの石焼き芋よりおいしい」って言うてる子も。

f0228958_09163312.jpg
 食べたら遊ぶで、ジャンパー脱いで暑いって雪の中を走り回ってる子もいて、やっぱり子供はこうでなくちゃ。
 鹿の頭蓋骨?を拾ってきた子も。喜んで持って帰ったけど、お母さんに怒られてるやろな。

f0228958_09035716.jpg
 最後に窯の前で「はいポーズ」。

 みんな炭や泥やで結構汚れました。お母さん方すみません。

 来月はツリークライミングするぞ。
 前回雨で中止になったし、来月はできるといいね。
 
 我が家も下の子が小学校を卒業するので、一応来月が最後です。(4月の総会は参加できるかな)
 
 みなさん参加してくださいね。




[PR]
by makinodai | 2018-01-19 08:38 | Comments(0)